2012年12月18日

シエナ×ヨハン・デ・メイ定期。

DSC_0856.jpg
昨日までの余韻がまだ残っている。

《カサノヴァ》や《指輪物語》のフレーズが頭の中をぐるぐる。

隠れた名曲、ニールセンの《アラジン組曲》も実際に音を出してみたらすごい曲でした。


【シエナ×ヨハン・デ・メイ定期】終了。

作曲家自身の指揮による自作自演(アレンジも含め)コンサート。

演奏してみて改めてわかるそのオーケストレーションの巧みさ。
存在感の凄さ。


《指輪物語》《カサノヴァ》と舞台の上に確かに物語が存在していていて。

こんな経験は初めてでした。


個人的に届かなさをたくさん痛感しましたが、シエナのつくりあげていく意気込みと創造がすごくて、この中で演奏出来ることが本当に幸せでした。


ちょっと、言葉がみつからないですが、また機会があるといいなと思います。


写真はデメイさん&フルートチーム。
posted by さや at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。