2012年08月28日

本歌取りプロジェクト。

本歌取りvol.6_アウトライン.jpg
昨日からは本歌取りプロジェクトリハーサル。

連歌には「本歌取り」という、先人の句の一部を自作に詠み込むことで尊敬を表すという技法があります。
その本歌取りの発想を演奏会そのものに用いていたコンサートです。

今回のテーマは「パガニーニ」。

パガニーニのオリジナル曲や、シューマンがアレンジした演奏会用練習曲。そして、今をときめく作曲家たちによるパガニーニに基づく新曲!(これがまた面白い!)

を、ヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバス、フルート、ユーフォニアム、チューバ、マリンバで奏でます!
(どういう響きになるやら♪)

昔の音楽を素通りせず、今の音楽も無視しない、眉間にシワのよらないコンサートです。

ぜひパガニーニの世界を堪能してください。(*^_^*)


〜本歌取りプロジェクトvol.6〜
「パガニーニ」

●○日時
2012年9月2日(日)
14時開場、14時半開演

○●場所
自由学園明日館(重要文化財、池袋駅より徒歩5分、目白駅より徒歩7分)

●○チケット
全席自由一般3000円(当日3500円)
中学生以下1000円

○●予約・お問い合わせ
090-1975-5206
yoyakudori@gmail.com

●○メンバー♪
亀井庸州(ヴァイオリン)、安田貴裕(ヴィオラ)、内山和重(コントラバス)、金野紗綾香(フルート)、赤星美沙(ユーフォニウム)、橋本晋哉(チューバ)、岩崎愛子(マリンバ)、川上統(作曲)、小出稚子(作曲)、小岩悦也(編曲)、水江未来(イラスト)

○●曲目♪
川上統/カプリコーン
小出稚子/ハイカランナーズハイ
パガニーニ/ヴァイオリンとギターの為の大ソナタ イ短調
シューマン/パガニーニのカプリースに基づく6つの演奏会用練習曲op.10


**********

先日、とある方のレッスンで先生が音楽業界で成功とは何か、を語られた。
「成功とは有名だとか幾ら稼いだとかではない。既存の曲だけでなく、自分たちのオリジナルの曲を作っては弾いて、人前に披露してゆく。それも下の世代が、僕らもあの曲をやってみたい、と思うような魅力的な曲を。そのうち自分たちのオリジナル曲だけの演奏会をいつ開いても満員という状態になる。これが成功なんだよ。」
そこで今回注目したのはパガニーニ。
彼はまさに大成功した音楽家の大先輩だろう。彼が活躍した当時を思うと、その弓さばきは、誰も目にしたことなく、聴いたことのない表現に溢れていたのではないか。なぜならば、パガニーニ以前には弓を一定方向へ弾きながらも音を切るスタッカートや、人工ハーモニクスの多用はなかったからだ。
そして、それらがただ技術の披露にならず、誰もが聴きたくなるような音楽にしたというのが、彼の成功の基になったのではないだろうか。

彼の残した楽譜を眺めながらら曲の仕組みなどを分析することでもたくさんの閃きがあるが、実際に楽器を手にとり、一音ずつ音符をなぞるほうが強烈なインプレッションだった。指を伝わってくる弦の振動がそのまま心臓に伝わり、血の巡りが変わってしまうよえな、とても肉的なものだった。音符がぎゅうぎゅうに詰まった黒っぽい楽譜は、ただのモノクロームな紙でなく、体温があったのだ。さの生々しい感じから、自分の体を実感し直すような、命があることでこうして感動するんだなと、生きていることに感謝する気持ちが生まれてきた。

日曜の午後のひとときを、皆様と明日館講堂で迎えられると幸いです。

(代表:内山和重)
posted by さや at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

想い。

P8184899.JPG
佐渡&シエナの夏が終わってしまいました。


8月の始めから東京、名古屋、河口湖、名取、秋田、新潟、高崎、郡山、と長いようであっという間だったツアー。

薔薇の騎士での渾身の演奏。
佐渡さんと、そして常に求め続ける(シエナの)みなさんと音を重ねられたこと。


河口湖音楽祭をはじめとして、各地でスタッフの方々が 本当に音楽会を支えてくださっていること。


今回は東北方面もまわらせていただきましたが、アンコールのスパーク「陽はまた昇る」を演奏しながら、ここでこうして演奏できるということがどれだけ幸せなことか。


感謝せずにいられません。


河口湖音楽祭で参加した、中学生バンドのまっすぐ信じてる音に包まれて感動したり、マンボ、星条旗でのお客さんのパンパンの笑顔にパワーをいただいたり。


そして、ラスト郡山ではあの原ノ町のきら星のスタンディングオベーションに次ぐ、全員のスタンディングオベーション。


そして福島の生徒と再会できたり、
もう感動やら何やらであふれる涙をとめられませんでした。


本当にたくさんの想いがつまった8月。
一回立ち止まって。
そしてまた明日から歩いていこう。
posted by さや at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

新潟りゅーとぴあ公演。

DSC_0619.jpgDSC_0621.jpg
新潟公演も、また思い出深い日となりました。

お客さんのスタンディングオベーションに感動しました。
そして笑顔がもう、つやっつや! まぶしい!(>。<)☆☆

やっぱり新潟。
澄んだお水で育ってきた笑顔だった〜。(^-^)


最後の星条旗でたくさんの指揮者が
出てきて、みんな初対面なはずなのにフレーズ毎に指揮台に順番で上がったり下がったりしていて、ものすごいファミリー感満載でした。

( ´艸`)☆☆

あたらしい!星条旗の楽しみ方♪♪


そして、もうひとつ。


終演後、楽屋口で、私のことを待っていてくれたのは。。

原ノ町ゆめはっとJrウィンドにいた当時中学生だったかつての生徒の姿。

びっくりして、夢見ているんじゃないかと思った。

なぜ新潟に!?


今は新潟で働いているんですって。(^-^)

本当にどうしているのか気になっていたので、変わらぬ笑顔に会えてとっても嬉しかった。


今日もとても大切な1日となりました。
posted by さや at 01:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

秋田公演。

DSC_0616.jpg秋田公演でした(^-^)。


秋田についたときのタクシーの運転手さんのおしゃべりからすでに感じていたけれど、なんてあったかい土地。


お客さんの反応がダイレクトで、大盛り上がりでした〜♪


星条旗もすごい勢いで背中に息圧がきてました♪(*^_^*)
posted by さや at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

名取公演。

DSC_0614.jpg
佐渡&シエナ名取公演。


名取はシエナで何年も演奏会に訪れた、思い出深い地です。

大切な人々に、想いを込めて演奏させていただきました。


客席からいただいたあふれる笑顔を胸に刻んで、これからも精一杯演奏していきたいと思いました。


。。そして。。

せんくら(仙台のクラシックフェスティバル)で、私たちは毎年シエナ☆フルーツ0歳児からのコンサートをやっていました。

それにいつも来てくれていたかわいい姉妹ちゃんが、大きくなって、シエナの公演に来てくれました☆☆(*^_^*)


星条旗で指揮をふってくれていて、本当に嬉しいサプライズでした♪♪


写真はいただいたお花束とともに。
posted by さや at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

愛知県芸術劇場。

DSC_0575.jpg120812_1754~01.jpg
シエナ愛知公演終了〜。


星条旗あとのスタンディングオベーションに感動!!


また明日も頑張るぞっ!のエネルギーいただきました☆ヽ(^。^)丿


posted by さや at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡&シエナ2012夏ツアー。

DSC_0570.jpgDSC_0567.jpg
文京シビック公演を皮切りに、佐渡&シエナツアー、またアツい夏がはじまりました!ヽ(^。^)丿


初日も熱かった!!
(そしてステージは灼熱だった!)


今回のプログラムは百花繚乱♪花にちなんだもの。

薔薇の騎士
バラの謝肉祭
リンカーンシャーの花束。。etc


そして、おもちゃ箱ではあの話題の曲が演奏されるかも!?
おなじみのコーナーも。。


気合いだ。気合いだーー。


http://sienawind.com/concert/
posted by さや at 06:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。